2007年11月03日

煙突掃除

20071103-1.jpg20071103-2.jpg
そろそろ寒くなってきましたね♪
ログハウスは寒い時期が最も楽しみなシーズン。
その寒さに備えて冬篭りの準備、煙突掃除です。

この煙突は2重煙突になっていて、各パーツがリングで固定されています。このリングは工具なしでパチンと外す事ができます。

20071103-3.jpg20071103-4.jpg
リングを外すとスライドパーツが下がり、この写真のように隙間が出来ます。この隙間さえあれば、煙突取り外しは楽勝です。所要時間は5分程度。

初期投資はやや高めですが、その後のお手入れはラクチンです。


20071103-5.jpg20071103-6.jpg
次に、煙突掃除ブラシを組み立てていきます。ブラシはφ152のもので、正直ちょっと太すぎ。もっと細い方が作業がラクです。ちなみにこのブラシはちゅうさんに教えていただいたもの。煙突の径さえあえば、お勧めです。
ビニール袋をしたからかぶせ、そこにブラシを突っ込みます。この時、ブラシと各パーツ間はガムテープで固定する事をおすすめします。万が一ねじが緩んでも、ブラシを煙突の中に残さないための工夫です。

20071103-7.jpg
こうして掃除をして得られた成果がこちら。1年分にしては多いような気がしますが、まぁ良しとします。

これで冬支度は完璧です。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
posted by べき at 22:14| Comment(11) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

薪割りについて思う事。

思えば初めて薪割りしたのが8ヶ月前。それから1年半相当分の薪を作ってきました。このときにGETした伐木で作った薪割り台もさすがにくたびれてきました。そこで思い切って・・・

   「世代交代!」

20070225-3.jpg20070225-4.jpg
         <イチ兵衛>                <クス兵衛>

左の写真が初代薪割り台のイチ兵衛。イチョウの木の最も太い部分を使って作りました。ご覧のようにくたびれた姿になってしまいました。

僕の技術が未熟なばかりに、斧の直撃を受けまくってきました。その結果、外径も2/3程度に小さくなり、しかも元の丸い形は消えうせてしまいました。

今回新しく薪割り台担当になったのは右の写真のクス兵衛。前回の教訓を活かし、とにかく硬い材質であることを優先し、クスの木を母材としました。また、振り下ろした時の力が加わりやすいよう、高さも若干高くしてみました。

使用感は・・・イイ感じです

20070225-5.jpg斧のヘッドスピードをしっかりと受け止めてくれるためか、玉切り材がスパスパと割れていきます。同時に腰への負担が減り1回で割る量も倍増しました。(腕の上達も含む?)
この写真の玉切り材は直径30cm程度のものですが、クサビなしでも割ることが出来ます。これまでは難しかった「ケーキ抜き」もウマい事いくようになりました。

それもこれもイチ兵衛のお陰。ありがとう!


※現在の悩み:
 イチ兵衛を割って薪にする事が考えられません。このままだと
 毎年使用済み薪割り台が増えていく事に・・・どうしよ。


ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

特別な薪集め。

20070210-1.jpg

特上の伐木を入手しました。
一番太いものは胴径35cmになろうかという大物です。
樹皮はとても細かく、これまでに入手したクスノキ、イチョウ、桜とは印象がかなり異なります。材質的にもとても硬く、その結果として腰を言わしそうなほど重い。

落葉広葉樹系のいわゆる「堅木」の分類になりそうです。
見た目にあまり節・曲がりもなく、筋が通っているため割るのが楽しみです。
この木が何者かご存知の方、ぜひ教えてください。

・・・


今回の伐木が特別なのはその質の高さ?だけではなく、入手経路にも理由があります。これまでの薪は仕事関係の方から頂いたものでしたが、今回の伐木はブログ関係者、しかもログ仲間からの贈り物です。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
続きを読む
posted by べき at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

アロマオイル

20070127-1.jpg

薪ストーブの味わい方は人それぞれ。人間の五感を通していろんな角度から楽しむ事が可能です。僕もこの薪ストーブ購入をきっかけに、今までは想像も付かなかったような世界に足を踏み入れようとしています。

最近のマイブームが「アロマセラピー(Aromatherapy)」
五感の一つ、嗅覚(あるいは表在感覚)からのアプローチです。薪ストーブ購入時に加湿器代わりにスチーマーも買ったのですが、この時僕の頭の中で
 「スチーマー」→「ペンション」→「ポプリ」→「アロマ」
と他人には理解しがたい連想ゲームが始まり、気が付くと雑貨屋さんでアロマオイルを購入していました。

雑貨屋でおっさんがうろうろしながらアロマオイルのビンを手に取り、匂いを嗅ぐ姿は明らかに怪しい。せめてもの救いは側に娘たちがいた事か・・・。

娘たちの意見を参考にしつつ、我が家の最初の香りとして選んだのが
 "HOME FRAGRANCE OIL -Lilac & Lavender-"
 (by CLAREMONT & MAY)


15mL(ヤクルトの半分!)でお値段が600円(ヤクルトの10倍!!)と意味不明な価格設定が理解できないまま帰路につきました。

20070127-2.jpg

家に帰りスチーマーの中に適当にオイル投入。
しばらくすると強烈な匂い臭いが・・・

 「くせぇ!」

明らかに入れ過ぎ。

添付の説明書を読むと「1〜2滴お入れください。」って手遅れッス。
スチーマーを薪ストーブから下ろして中の液を廃棄し、再度挑戦。今度は説明書どおりに1滴だけにしておきました。

これがなかなかイイ感じ。薪のはぜる音、オーロラの炎と柔らかな輻射熱、そしてアロマ。五感のうち、味覚以外の全てを満たしてくれます。
ほんと、心身ともにリラックス。

こうなると、いろんな香りを試したくなるのが人のサガ。
次は何にしよ。

(参考:CLAREMONT & MAY社

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 00:39| Comment(3) | TrackBack(1) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

薪を割る少女。

20070125-1.jpg

特別コメントがある訳じゃないのですが、変わった画像でも。

20070125-2.jpg20070125-3.jpg

焚き付け用にしかならないようなものですが、てこずる娘。
しまいには足まで使いよるし・・・まぁ、よし。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

posted by べき at 22:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

オーロラの炎、ヨツール。

20070102-2.jpg

僕がヨツールF400を選んだ最大の理由が、

 「オーロラの炎」

ヨツールの2次燃焼は触媒を使わない、いわゆるノン・キャタリックのクリーンバーン方式です。この2次燃焼エリアでは、蒸し焼きにされた薪が出す燃焼ガスと薄い空気とが酸化反応を行い、非常に綺麗な炎の色となります。

写真でウマくとれないのが悔しいのですが、ストーブ上部から「ユラッ」とカーテンのように炎がのび、その色が青とオレンジと、温度によっては紫が混じった色になります。その動きといい、カーテン状の形といい、まさにオーロラ!(見た事は無いけどね。)

この状態を作るのがなかなか難しいのですが、最近ようやくコントロールできるようになりました。とにかく炉内の温度を一気に上げて、薪から燃焼ガスを燻し出し、そこにごく微量の空気を送り込んでやると発生します。

一度発生すると、後は抜け殻のようにボーっと眺めてりらっくす。

ほんとに良い癒し効果が得られます。


ヨツールでよかった。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

薪ストーブとクリスマス

20061224-5.jpg

クリスマスの風景。
薪ストーブにローストチキン&スパークリングワイン。

日頃はこんなもん、食っとりません。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

薪の消費量

薪ストーブライフが始まってまもなく1っ週間。

「なんか、薪の減り早くね?」

W450×H450×D500の薪棚が早くも無くなりました。
このペースでいくと6週間程度しか持たない・・・
残りは割りたての生木。


どうしよ。

2006年12月24日追記:

ちゅうさんに間違いを指摘していただきました。
我が家の薪棚の一区画のサイズは

 「幅900×高さ900×奥行き500」

でした。まだ、試運転中だからかも知れませんが、
やたらと薪を消費しやがります。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 22:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

薪ストーブ試運転開始!

20061217-1.jpg

薪ストーブって想像以上のものでした。
昨日の工事が終わったのが12:30、そこから使用方法の説明を受け試運転開始・・・以降全く何もやる気が起きません。ひたすらに薪をくべ、炎を眺め、温度を調整しながらぼーっとしています。

ストーブの前から離れられない・・・。

末娘はストーブの前でそのまま寝てしまいました。
僕もその側に横たわり、アルファ波出しまくっていました。
(もちろんブログを更新する気力もなし。)

一夜明けてようやく日常生活に戻れそうです。

今日はこれから薪割り仲間を招いての「火入れ式」
メシの下ごしらえを始めねば!

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 10:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

薪ストーブ工事ライブ中継(4)

この時点で11:30。
それにしても施工が早い。

20061216-7.jpg20061216-8.jpg

薪ストーブ本体を炉台に設置し煙突と合体です。
苦労して(楽しんで)作った炉台に、本来そこにあるべきものが据わっている・・・嬉しい瞬間です。横で娘が

 「何ニヤニヤしてるの?」

と突っ込んできますが、そんな娘たちの目じりもたれまくり。
家の暖房設備、という意味合い以上のものを感じる事が出来た瞬間でした。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薪ストーブ工事ライブ中継(3)

この写真の瞬間は11:00。
ライブと呼ぶにはやや怪しくなってきた時間差・・・

20061216-5.jpg20061216-6.jpg

いよいよ待ちにまったヨツールF400の登場。
くー、かっくいい!!
大きさもいい感じ。なんというか・・・気品もあるし。
とにかくこの選択には全くの満足!


ワンボックスから大人二人で人力で。すげ!
これをパーツにばらして家の中に運び込みます。この状態で120kg位とのことで、完成形で150kgオーバーの重量。試しに左の写真の状態で持ち上げてみようとしましたが全く動かず。右の写真の状態でようやく動く程度。想像以上に重いもんです。

なんだか今日の文章はびっくりマークが多いぞ。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薪ストーブ工事ライブ中継(2)

現在、10:30。
順調に煙突が伸びていきます。

20061216-3.jpg20061216-4.jpg

薪ストーブの煙突は真っ直ぐの方がいいらしいのですが、残念ながらうちではちとオフセットしています。煙突取り付け可能な屋根の位置と薪ストーブ本体を起きたい位置とがずれているため、やむなし。

結果的に30度の曲がりが2箇所発生してしまう事になりました。
一応、薪ストーブの世界では45度までは「ほぼ真っ直ぐ」とみなせるらしいのですが、煙突掃除のことを考えると、

 「間違いなく30度がいいです!」

とのタカショーさんコメントに従い、これを採用しました。
45度の煙突ではお掃除グッズがウマく曲がらないらしく、自分で取り外す必要が出てくる事が最大の理由です。

頼りになるぜぃ!

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薪ストーブ工事ライブ中継(1)

12月16日 9:00、工事開始です。
ちとばかし、ライブ中継を試みます。

20061216-1.jpg20061216-2.jpg

左の写真は足場組み立て中。組みあがると早速、煙突を取り付けました。銀色の部分がこれまで付いていた二重煙突。その下についているのが、今日新しく付いたもの。今まではシングル煙突だったのですが、若干太くなっています。

ヨツールF400の煙突は内径150mmで、断熱層を介して外径200mm。
立派なものです。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

薪ストーブ到着まであと1日!

20061204-1.jpg

年末はいろいろありすぎて忙しすぎ・・・です。
久しぶりのブログ更新ですが、嬉しいご報告。

12/4にタカショーさんから連絡があり、薪ストーブの工事日程が決まりました!予定日は12/16(土)、つまりあ・し・た!!

いやー、嬉しいなぁ。
うちの末娘(5歳)までが「薪ストーブ来るの!?」と家族中で大喜び。

これでようやく冬が越せそうです。


明日のブログで工事の模様と試運転の様子?を報告したいと思います。


では。


ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 07:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

薪ストーブ見積り

実は炉台着工時に、薪ストーブの見積りもお願いしました。
見積り先はタカショーさん。ここはウチからわりと近いので、後々のメンテナンス、相談を考えて第一候補にしています。
ここの社長?のオヤジさんは中々のポリシーを持っていて、
 「薪ストーブには二重煙突だ!」
 「シングル煙突の施工はしねえ!」
と半分江戸っ子みないな気性が入っています。

でも、こちらからいろんな質問をするとかなり具体的な答えが返ってくるので、僕としては全幅の信頼を置いています。

以前、薪割りようの斧:グレンス・フォッシュを購入したときも、

 「太いヤツを割るなら450!」

と迫力のコメントを頂き、今ではそのアドバイスに従って良かったと
感じています。

そんなタカショーさんからの見積りは納得価格。本体は市場価格と同程度だし、気になっていた煙突工事費も3万円/1mとソコソコのもの。(煙突はもちっと安くしてもらいたいところですが・・・)

細かい仕様&値段のつめを11/28(火)19:00〜決行予定。
楽しみです。

ヨツールF400、待っとけよ!

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

炉台完成!

20061124-1.jpg

薪ストーブ用の炉台がようやく完成しました。

 作業日数:11/3、4、5、11、12、23=6日
 積レンガ:194個
 敷レンガ:30個
 モルタル:セメント50kg+川砂100kg

我が家で最大のDIY作品です。完成した11/23の夜には家族で
完成記念のビールパーティを行いましたが、ウマかったなぁ。
夜中に妻と2人で庭からレンガを運んだり、娘たちが黙々とレンガを
洗い続けたり、ゴーグルかけてレンガを切り続ける親父など・・・
はたから見たら異様な光景だったんだろうなぁ。

それにしても出来上がりの充実感はイッパイです。この炉台の出来に
気をよくしたべき夫婦は

 「次は門柱か!」

と調子に乗りまくっています。

それでは左官屋への道を進み始めた?べき家の炉台作りの様子を写真で
紹介します。

20061124-2.jpg20061124-3.jpg
左の写真が目地詰めの様子。ブロック小手を左手に、右手で目地小手をつかって作業を進めます。
右の写真が積んだレンガの目地。所々白くなっていますが、ここが乾いてきたところ。ホワイトセメントの効果です。

そして最後にクリスマスツリーと炉台。
20061124-4.jpg

いかがなもんでしょうか?

次はいよいよ薪ストーブです!

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 10:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

薪ストーブ用炉台作り(5)

20061113-1.jpg

薪ストーブ用炉台作りもはや第5弾。それでもまだ完成しない・・・。
あと1日の時間が取れれば仕上がるのに(泣)

この写真は先週の三連休最終日のもの。本当は今週の土曜日、日曜日を利用して完成するはずでした。ところが実際には、昨日まで出張、今日は友人Kの息子のダンス発表会。どちらも外せない用事だけに、完成は来週に先送りです。

この機会を利用して?レンガ積みのTIPSをご紹介。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
続きを読む
posted by べき at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

薪ストーブ用炉台作り(4)

20061111-1.jpg

今日の成果です。

ホントは半分くらいまでレンガを積む予定だったのですが・・・。
思ったよりいろんな所で時間がかかってしまいました。

製作過程のご紹介。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
続きを読む
posted by べき at 18:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

薪ストーブ用炉台作り(3)

急に冷え込んできました。薪ストーブ設置が間に合わず、ついに我が家で石油ファンヒーターを使ってしまった・・・悔しい。

この悔しさをばねに炉台作りのピッチを上げていきたいと思います。
では三連休で行った炉台作りの詳細をご紹介。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
続きを読む
posted by べき at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

薪ストーブ用炉台作り(2)

20061105-1.jpg

この三連休の成果。
行楽日和にもかかわらず、ホームセンターと庭、そしてリビングとを往復してようやくココまでたどり着きました。

体がボロボロです。(特に腰!)

初めての左官作業をふくむ大物DIYでしたが、やはり手ごわい。3日あればどうにかなるかとたかをくくっていましたが、完成はまだまだ。

11月中の完成目指してがんばります。
詳しい作り方の経緯はまた後日。

今日はクタクタなのでお休みなさい。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。