2007年09月23日

ケルンの自家焙煎コーヒー

20070917-3.jpg(前回からの続き・・・)
なかよし食堂のすり鉢ラーメンでお腹を満たした後は、もう一つの目的地、「ケルン」へ。サントリーの白州蒸留所を西へ向かった少し先にあります。このケルンでは自家焙煎のコーヒー豆を手に入れる事ができ、今回の目的もまさにそれ。僕がよく利用している近所の自家焙煎豆との飲み比べです。

国道20号線を西に向かい、小高い丘の峠近辺で目的の建物が見えてきます。緑に囲まれた一角に槐色のコントラストが映えていて、おそらく初めてでも容易くたどり着けると思われます。

お店は自家焙煎豆を販売する区画とカフェの区画に分かれています。まずは食後のコーヒー目指して左手のカフェへ。テーブルが4つのこじんまりとしたスペースで、この日はドライブ途中の家族連れでにぎわっていました。

ここで僕が注文したのは「白州ブレンド・ほろにが」。名前以上に苦味が強く、酸味は控えめのコーヒーでした。個人的にはもう少し浅煎りの方が好きかな・・・。長女が食べていたチョコケーキを一口もらい、その甘みが残るうちにこのコーヒーを口にすると、非常にいい感じ。甘いデザートとの組み合わせは最高でした。

お店をでて、豆をGETするため隣の区画へ。
どれにするか悩んだ末に、ちょっと大枚はたいて「ハワイコナ」を注文。この豆は僕の一番好きな品種です。噂では日本人がハワイにコーヒーを持ち込んで栽培し始めたのがルーツとの話で、収穫量が非常に少ない幻の豆です。(お高い!)

帰宅後に淹れてみましたが、期待通りの味でした。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


posted by べき at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | COFFEE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

KALITA

kalita ミル私がCOFFEEをよく飲むようになったのは、学生時代に通ったジャズ喫茶がきっかけでした。COFFEEそのもの、というよりもJAZZ喫茶でCOFFEEを飲んでいる事が「大人になった」ような気がして、毎週のように通っていました。今から考えるとちょっと背伸びしていたのかもしれません。
そのうちCOFFEEの味に違いがあることに気づき(!)豆に種類があることを知りました。(何せ、それまではブレンドやアメリカンというメニューとモカやキリマンジャロというメニューの違いが分かりませんでしたから・・・)

続きを読む
posted by べき at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | COFFEE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ARABIA社 RUSKA

カップと豆ウチのコレクション第1号は、フィンランドARABIA社RUSKAシリーズです。このブログ用に気合を入れて撮った写真ですが、いかがでしょうか?
このARABIA社はフィンランドの会社というだけあって、北欧デザイン的にナイスなものをたくさん発売しています。

その中でこのRUSKAシリーズはARABIA社の代表的デザイナーUlla Peocopeデザインのものだそうです。

続きを読む
posted by べき at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | COFFEE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

LOGとJAZZとCOFFEE

ログハウスでの暮らし。

ずーっと描いていたイメージは、リビングの薪ストーブの前で
ジャズを聞きながら、淹れたてのコーヒーを味わう・・・
続きを読む
posted by べき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | COFFEE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。