2007年06月23日

ガーデンテーブル完成。

20070623-1.jpg

北欧テイストから徐々に外れてきてるような気がしますが、雑誌「ナチュラルガーデニング」で見かけたテーブルに魅かれ、つい作ってしまいました。
家の中は北欧風喫茶店風をかろうじてキープしていますが、外構に関してはちょっとカントリーが混ざっている様な・・・ま、気にしない!

とにかく製作過程のご紹介です。

1)フレームに色を塗る
フレームを組み立てた段階で色をつけます。塗料はワシンの水性塗料(白)。庭にブルーシートを敷いて、刷毛を使ってペイント。アンティークな感じを狙う予定ですので、色むらも気にせずに塗っていきます。

2)フレームに文字を書く
20070623-2.jpg20070623-3.jpg
何を書くか迷ったのですが、とりあえず、”バケツ”とか”ジョウロ”、”スコップ”などといったガーデングッズの名前を選択。
これらの単語をパソコンでプリントアウト。その紙をフレームに貼り付け、上からボールペンでなぞります。
この作業でフレーム側にうっすらと後が残るので、この跡に色をつければ完璧のハズ!

20070623-4.jpg20070623-5.jpg
色はワシンの水性ステイン(オリーブブラック)を使用しました。
文字を書いた結果がこれ・・・ヘタすぎ(;_;)
真っ直ぐな線を引こうと思っても、ヨレヨレって。このヨレヨレ感も「手作りの味!」と自分に言い聞かせながら次の工程に進みます。

3)天板張り
画像がありませんが、このフレームに天板を貼っていきます。この材料もやはり家を建てたときの余り材。ウチの壁板になっているものです。

4)塗装
20070623-6.jpg20070623-7.jpg
板を貼り終えたところで、一度サンドペーパで表面を仕上げます。
塗装の前には必要な作業です。

塗装といえば娘の出番。嫌がる娘をそそのかしながら、二人で色を塗っていきます。塗料はワシンの水性ステイン(白)。

次にアンティークっぽさをだすために、塗装を一部落としていきます。使い古された感じを出すために、人が触りそうな角部や天板の上をサンドペーパーでこすっていきます。また、傷をつけるためにワイヤーブラシを使ってゴシゴシ。

せっかく綺麗に塗装したものに傷を入れる作業は勇気が要りますが、大胆に思い切って削ります。

5)仕上げ塗装
最後にニスを塗って仕上げます。外で使用するものなので、雨風に耐える事が必要です。外用の油性ニスを塗って耐久性アップ!

作業時間2日間、材料費は塗料代のみの「ガーデンテーブル」完成です。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ

posted by べき at 10:03| Comment(6) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動した!

何に感動したかって?
汚いジーンズと3枚セットで売ってるHanesの白Tシャツのべきに。
学生時代とまったく一緒だ。
Posted by あらごん at 2007年06月24日 10:04
べき⇒あらごん

いや、ちょっと違う。

学生時代 → 社会人

 Hanes → GAP
 501  → 501XX

にグレードアップしてるし。
金額で約2倍程度。

社会人らしいでしょ。

Posted by べき at 2007年06月24日 10:51
ガーデンテーブルって、私勘違いしていました。

お子さん達はお手伝い偉いなア。
(^-^)
Posted by 富士山ログハウス物語 at 2007年06月26日 05:02
お〜、見事にアンティーク風。
鉢植えと合ってますね。

娘さんに手伝ってもらえるってのが
羨ましい...ウチのチビもそろそろ働かそうかなぁ(笑)
Posted by oyassan at 2007年06月26日 09:55
べき⇒富士山ログハウス物語さん

紛らわしい名前ですいません(^_^;)
「植木鉢置き」とか「植木鉢用台」じゃイマイチだったもんで。

コンセプト?としては「使い古したテーブルを植木鉢用の台に使いまわしている状態」だったもので、ガーデンテーブルとしました。

もちろん、鉢を下ろせばテーブルとしても使用可能です。(椅子が無いけど)

今度うちで薪割り&ビアパーティしましょう!

Posted by べき at 2007年06月26日 23:18
べき⇒oyassan

唯一、アンティーク(というか使い古し)をほめて貰えました・・・嬉しい(#^.^#)

この感じだとどちらかと言えばカントリー風になるんでしょうが、作り方に興味を覚えて・・・つい。

娘たちも始めは手伝いをメンドクサガルのですが、やり始めるとそれなりに楽しんでるみたいです。たぶん。

影響があるのか無いのか分かりませんが、学校でも図工は大好きなようで、嬉しい限りです。

Posted by べき at 2007年06月26日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45670370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。