2007年01月13日

屋外用収納棚(4)

これまでの作り方経緯は・・・
  ・No.9:屋外用収納だなの作り方
  ・屋外用収納棚(2)
  ・屋外用収納棚(3)
を参照ください。

20070113-1.jpg

先週までに本体がようやく3つ製作完了しました。
今日は基礎工事?です。ウッドデッキ前側に3個並べる予定ですので、羽子板付束石を埋めていきます。この辺りは水道や浄化槽配管が埋まっているところなので何となくいやな予感。

20070113-2.jpg20070113-3.jpg
20070113-4.jpg
収納棚は幅940mm×奥行き450mmなのでおよそこの間隔で穴を掘っていきます。注意点としては扉が開いたときの厚みを逃がすため、幅方向を20mm(扉厚さ)広げておきます。束石の高さが200mmなので、150mm程度掘ってみました。

・・・いきなり邪魔者。

この配管は浄化槽瀑気用の空気配管と水道配管。しかもその奥はウッドデッキの基礎。どちらも取り除くわけにもいかず、束石が上から入らない(;_;)

悩んだ末に穴を深く掘って下から突っ込みました。
我ながらナイスアイディア!

この束石上面を水準器で確認しながら水平を出していきます。収納棚が3つ、脚が4本で本当なら12個必要になりますが、隣り合う脚同士は共通の束石に乗っける事にして全部で8個の穴を掘りました。DIYではコストダウンも大事だし。

束石同士のレベルあわせは2×4材を橋渡しして、その上面を水準器で確認します。どうせ本体の脚もがたがたなので適当にソコソコあわせておきました。

中腰なので、腰がツライ・・・。
明日は本体設置工事です。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。