2007年01月08日

屋外用収納棚(3)

これまでの作り方経緯は・・・
  ・No.9:屋外用収納だなの作り方
  ・屋外用収納棚(2)
を参照ください。

20070108-1.jpg屋外用収納棚の作り方詳細です。
大体一つ組上げるのに2時間程度。
パーツさえ作ってしまえば簡単です。
(精度は別として・・・)

まずはじめにベースとなる底板部品を水平となるように水準器を使って置き、その後に背面板を取り付けます。このとき、背面板両端と底板両端が揃うように気をつけてください。また、ここである程度直角が出ているかどうかも確認しておく事をお勧めします。
最初の2個を作るときに、これを省いたためグダグタになってしまいました・・・後悔!
固定時にはクランプなどで仮止めを行い、それからコーススレッド止めを行うときっちり固定できます。

20070108-2.jpg20070108-3.jpg20070108-4.jpg

次に側板を取り付けますが、このときも背面板同様、直角を見ながらクランプで仮止めを行い、コーススレッドで固定。パーツの製作精度が高ければ単に固定していくだけでいいのですが、素人の腕では夢のまた夢でした。

背面板と側板の高さは違うし、切断面の直角は出ていないし・・・
結局力技(クランプ&パワーで修正)やごまかし(遠目に綺麗に見えるような組み付け)を行って、何とか直方体モドキを作りました。

20070108-5.jpg20070108-6.jpg

背面板と側板の組立は上の写真のような構造で行います。
(きちんとハマると気持ちいいのだが・・・)

20070108-7.jpg最後に扉の組み付けですが、コレが一番の難関でした。ハコとパーツの精度があれば、兆番と部品の端っこをあわせるだけで良いのでしょうが、なんせ直方体モドキ
仮組み→修正→分解→仮組み→(繰り返し)
と、無間地獄に陥りそうでした。兆番まわりにいくつの穴を開けた事か。

今回の製作で、「木工は箱に始まって箱に終わる」と言われている理由がちょっとだけ分かりました。

次からはカットに全精力を注ぐ事をココに宣言します


これで棚3つの製作は完了しましたが、屋外への設置作業は時間切れ。
来週へ持越しです。

年越し作業となった屋外収納棚製作、次週には。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31092577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。