2007年01月03日

オーロラの炎、ヨツール。

20070102-2.jpg

僕がヨツールF400を選んだ最大の理由が、

 「オーロラの炎」

ヨツールの2次燃焼は触媒を使わない、いわゆるノン・キャタリックのクリーンバーン方式です。この2次燃焼エリアでは、蒸し焼きにされた薪が出す燃焼ガスと薄い空気とが酸化反応を行い、非常に綺麗な炎の色となります。

写真でウマくとれないのが悔しいのですが、ストーブ上部から「ユラッ」とカーテンのように炎がのび、その色が青とオレンジと、温度によっては紫が混じった色になります。その動きといい、カーテン状の形といい、まさにオーロラ!(見た事は無いけどね。)

この状態を作るのがなかなか難しいのですが、最近ようやくコントロールできるようになりました。とにかく炉内の温度を一気に上げて、薪から燃焼ガスを燻し出し、そこにごく微量の空気を送り込んでやると発生します。

一度発生すると、後は抜け殻のようにボーっと眺めてりらっくす。

ほんとに良い癒し効果が得られます。


ヨツールでよかった。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、これは・・・・・美しい。いいなぁ。
こんな不思議な色で燃焼するんですね。

家でオーロラが見られるなんて羨ましい。
こんな写真を見せられちゃったら、薪ストーブ付けときゃよかった・・・
なんて未練が出てきちゃいます(笑)

あ、そうそう。庭の石拾い地道に始めました。
業者無しで頑張りますよ〜。
Posted by oyassan at 2007年01月04日 08:10
薪ストーブ、後付けも可能です。
(↑悪魔のささやき)

庭の石拾い、大変ですよね〜。
ウチでは現在、4トン運び出しました。
地道に、地道に。

あと2回(2トン)ほどで目処が付きそうです。

お互い、がんばりましょう。

Posted by べき at 2007年01月04日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30729594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。