2007年01月02日

干支にちなんでしし鍋!

20070102-1.jpg新年明けましておめでとうございます。
今年もこのブログ、「ログハウスでの暮らし」
をよろしくお願いします。

今年の干支イノシシにちなんで、今日はしし鍋。実家からもらったいのしし肉(ボタン)を使って料理しました。写真はイマイチですが、味は好評。8.8Lの鍋イッパイに作ったのに全て完売。その作り方をご紹介!

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
 
スタミナしし鍋の作り方


1.材料
 ・しし肉:適量
 ・サツマイモ:適量
 ・ごぼう:適量
 ・白菜:適量
 ・こんにゃく:適量
 ・にんじん:適量
 ・白ねぎ:適量
 ・きのこ類:適量
 ・生姜:1片
 ・にんにく:大1個 ←コレがポイント!!
 ・味噌:適宜
 ・ごま油:鍋2周 ←コイツもポイント!
 ・醤油:鍋1周
 ・みりん:適量
 ・酒:5合 ←コレもポイント!
 ・塩:少々
 ・こしょう:少々
 ・かつお&イリコだし:適量

2.作り方
基本的にフツウの豚汁にちとアレンジしただけです。

1)しし肉を炒める
しし肉は取れる場所(地方)によって、その柔らかさや臭いが大きく異なります。例えば、九州のしし肉は硬くて臭いも強め。ところが中部、岐阜あたりになるととても柔らかく、火を通しても硬くなりません。
今回のしし肉は岐阜産ですが、スパイシーな味付けを狙った味付けをします。

まず、フライパンにしし肉の背脂をひきます。油がなじんだところにしし肉を加え、軽くでも強火で炒めます。表面に焼き色が付いたところで塩・こしょう、そして鍋1周分のごま油を加えます。


2)下味付け
このフライパンに白ねぎと生姜を加え、5分ほど煮込みます。火から下ろす直前に、隠し味として醤油をちょっと加えておきます。


3)鍋にぶちこむ
かつおとイリコでとっただし汁を鍋に入れ、煮立ったところに炒めたしし肉を肉汁ごとぶち込みます。これに残りの材料を全て入れ、しばらく煮込みます。具が柔らかくなった頃に味噌とみりんを加えて味を整え、最後にごま油を鍋1周分追加して完成。

お好みで唐辛子をくわえるとさらに美味。

ちなみにこのごま油、料理番組の中で紹介していた技のパクリ。
どこかの相撲部屋で、ちゃんこ鍋を作るときのポイントとして使っていました。今回初めてトライしてみたのですが、これがなかなかイケます。
ぜひ一度、お試しください。


このしし鍋、子供達が食べるかどうか心配だったのですが、取り越し苦労。
味噌汁椀に3〜4杯は食ってました。にんにくの効果か、しし肉の効果かわかりませんが、体があったまります。この時期にはお勧めの鍋です。

posted by べき at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いかん(汗
エンター押しちゃった。
干支の肉食べてもいいのでしょうか?
縁起物?
Posted by ちゅう at 2007年01月03日 21:11
べき⇒ちゅうさん

この間の新聞投稿に
「今年一年は食べないで・・・いのしし」

とありました。

縁起物と言うことで。

Posted by べき at 2007年01月04日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 相撲部屋相撲部屋(すもうべや)は、単に部屋ともいい、大相撲の力士を養成する機関。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- ..
Weblog: 大相撲情報局
Tracked: 2007-08-01 13:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。