2008年07月26日

ツリーハウス作り(3)

20080726-1.jpgツリーハウス、
徐々に形になってます。

2本の赤松に渡した梁をベースに、
その上にデッキが完成しました
・・・って、このデッキ張りには
不参加。


一番楽しい所を
ひとりでやってしまうなんて、
Nさんヒドイ。


それにしても
赤松とデッキのペイントが
いい感じにマッチしてます。

更に下から見上げた時、
デッキからの木漏れ日?が美しい!


ツリーハウスはやっぱかっこ良くなくては!



20080726-2.jpg無念な気持ちはさておき、
今回ははしご作り。


足場用の丸太を利用して
中間デッキを作り、
そこからツリーハウスへ
はしごでアクセスします。


ちなみにこの中間デッキへは
梯等無し。

フレームをよじ登るスキルを
持った者のみが、
ツリーハウスへたどり着けます。


だって、手すりやネットなどの
落下防止対策ないからね。
一種の試練。



そんな試練をものともせず、娘たちは地上高6mのデッキへ無事たどりつきました。

大したもんです。
一番ビビってたのは妻・・・かな。


今後、デッキ上に建物を構築予定。
お楽しみに。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

posted by べき at 23:40| Comment(5) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

ツリーハウス作り(2)

20080720-1.jpg

ツリーハウス、その後。
製作開始から1ヶ月?程度が過ぎてますが、この写真は先々週あたりの様子。Nさんが木の周りに足場をかけ、その足場を利用してツリーハウスの根太にあたる部分を取りつけたところです。

ちなみに上に上っているのはウチの長女と次女。

ここまでの大まかな流れをご紹介。

 1)足場組み
 2)根太用の金具取りつけ
 3)根太とりつけ

20080720-2.jpg

この根太用金具はNさんオリジナル品。とにかく、

 「ツリーハウスは揺れないとダメだろ!」

という理由でわざわざ図面からおこした一品です。風が吹いたときにX-Y何れの方向にも拘束されずに、揺れが増幅するようになっています。
根太用金具の上に材料を取りつけようと、必死に奮闘しているのがNさん。ハーレー乗りでテニスプレーヤーで、革細工の師匠というマルチ人間です。ちなみにスリーフィンガーもうまいです。
(ヒゲも生えてるし・・・あと何あったっけ?)

話が脱線しましたが、金具の詳細が知りたい方は現地まで。

20080720-3.jpg
できあがった根太から見下ろしたところ・・・気持ちいい〜!
地上高6mの爽快感です。

この作業の一週間後にNさんからデッキ張り完了の報告を聞き、「楽しい所を逃した」感イッパイの僕でした。


今週はペンキ塗り・・・どうしよ。


ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

posted by べき at 22:51| Comment(3) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

ツリーハウスを作ろう!

20080706-1.jpg

僕の革細工の師匠Nさんがログハウスを購入。
ウチとは違い、森の中のログ!です。

そのNさんと「ツリーハウスを作ろう!」とプロジェクト発足。
とりあえず、後の作業スペースのために足場を作ってみました。
また雰囲気を味わうためになわばしごも製作。いい感じです。

でもなわばしごって、登りにくいね。


今後のツリーハウスの展開に、こうご期待!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

posted by べき at 00:35| Comment(5) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

枕木門柱とレンガアプローチ

約半年振りのブログ更新(^_^;)
ブログはサボっていましたが、DIYは着々と進行中です。

今回は玄関周りのレンガアプローチをご紹介。
しかしレンガとの格闘はきつかったなぁ・・・。


1)レンガでエッジング
20080620-1.jpg
玄関の脇に芝生スペースを作るため、レンガでエッジング作戦。
ひたすらに溝を掘ります。

20080620-2.jpg
手前の花壇スペースとのつながりも考えて・・・

20080620-3.jpg
溝の中にモルタルを流し、レンガを立てて行きます。この時にはレンガ同士の隙間(目地)にもモルタル投入。この目地の有無でグラグラ感がかなり変わってきます。

このあと芝生用の目土をまき、芝を張っていきます。
結構この作業が楽しい!
それまで味気なかった玄関周りがかなり明るくなっていきました。


2)門柱たて
20080620-4.jpg
次に門柱を立ててやります。今回採用のデザインはドゥーパで見かけた枕木組み合わせ方式。買ってきた枕木を埋めるための穴を掘ります。
娘たちが穴掘り担当に立候補!ちょっと以外でしたが、楽しいらしい。
50cm四方の穴を掘ります。(娘が)

20080620-6.jpg
この穴の中に重量ブロックをおきレベルを出します。
その上にデザイン切りした枕木をたて、モルタルを流し込みます。
直接土にふれるとシロアリが怖いので、枕木近傍は砂で覆ってみました。効果のほどは不明です。

20080620-5.jpg
そうして立ち上げた門柱がこんな感じ。(奥には芝が!)

20080620-7.jpg
門柱だけだとしまりが無いので、アプローチの入り口としても一本枕木を埋めてみました。モルタルつき。


3)アプローチ
20080620-8.jpg
門柱から玄関までアプローチに相当する部分に穴を掘ってやります。
この曲がり具合にこだわったばっかりに、後で苦労するとは想像も出来ませんでした。

20080620-9.jpg
掘った部分は地面が緩くなっているので、お手製のタンパーで締めていきます。本当は砕石などを入れたほうが良いのでしょうが、うちの庭は石ころだらけなのと、人が歩くだけなので省略しました。

20080620-10.jpg
敷き方はヘリンボーン。「へ」の字型を組み合わせて規則的な模様を作ってあげます。ただし、この敷き方はレンガとカットが数多く発生するため、修行が好きな方以外はお勧めできません。ましてや我が家ではカーブまで作ってしまったばっかりに、ムチャムチャ小さなレンガまで切り出す羽目になりました・・・辛かった。

カットはもっぱら僕の担当。レンガ敷きは妻の担当です。
今回は砂決めの手法を使いました。大まかな流れは下記。
  (1)穴を掘って固める
  (2)砂をまいて下地を作る(レベル注意!)
  (3)アプローチの縁をエッジング。(モルタル使用)
  (4)レンガをひたすら目地なしで敷く!!!
  (5)敷き終わったら珪砂をまいて隙間につめる
  (6)水をまいて更に珪砂をつめる

砂だけでの固定ですが、それなりにカットしたレンガを敷き詰めていくと、思った以上に動かないようになります。これはお勧め!


4)植樹&完成!
20080620-11.jpg
門柱の後にシマトネリコ(妻は何べん言っても「シマトリネコ」と呼んでます・・・)を植えてとりあえず完成。

アプローチの前になんか欲しいトコですが、当面はヨシとします。


これらの作業でGWまるまる使いました。
(子供達から苦情の嵐!)


肉体的にはきついですが、外構DIYは完成したときの達成感がデカイですね。皆さんお試しを。


にほんブログ村 住まいブログへ

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。

posted by べき at 00:38| Comment(12) | TrackBack(0) | DIY:DIY記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。