2007年02月26日

初めての花壇作り(2)

20070226-1.jpg

先週作った花壇。
ここはシンボルツリーの棲家となります。

何を植えるかについては、家を建てた当初からずーっと悩み続けてきました。候補としてあがっていたのは以下の面々。

・白樺:高原の雰囲気
・もみじ:枯葉舞い散る秋の雰囲気
・オリーブ:さわやかな初夏の雰囲気
・ナラ系:キャンプ場の雰囲気

そんな中、最終的にシンボルツリーに決まったのは

 「花水木」

決定の理由は手入れがしやすそうな事、名前の響きがいい事、樹形が綺麗な事の3つ。白樺は虫がつきそうなのと、暖かいところでは白い樹皮になりにくいとの事から断念。もみじはシンボルツリーというよりは、脇役として彩りを添える役目を与える予定なので延期。オリーブは地中海風になる恐れがあり敬遠。ナラ系は巨大に成長する恐れがあり却下。

もっと樹木の知識があれば、違った選択肢もあったのかもしれませんが、こんくらいが限界です・・・。

20070226-2.jpgシンボルツリーの周りの脇役にも悩みました。シンボルツリーを中心に高低差を付けたかったので、ツリー→潅木→グランドカバーという配置を希望。

これまた潅木の知識が少ないため、現在検討中。とりあえず、周りが淋しいのでホームセンターで見つけたユーカリを植えときました。グランドカバーについては妻任せ。僕の希望として地面を這うやつ、ということだけ伝えました。

その結果として妻が選んだのが、
  ・バコパ
  ・アリッサム
で、バコパについては

 妻:「とりあえず、家の鉢にあったから。」
 妻:「ダメでも何かに使えそうだから。」

という理由から。

果たしてウチの庭は素敵なものになるのでしょうか?

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。


posted by べき at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

薪割りについて思う事。

思えば初めて薪割りしたのが8ヶ月前。それから1年半相当分の薪を作ってきました。このときにGETした伐木で作った薪割り台もさすがにくたびれてきました。そこで思い切って・・・

   「世代交代!」

20070225-3.jpg20070225-4.jpg
         <イチ兵衛>                <クス兵衛>

左の写真が初代薪割り台のイチ兵衛。イチョウの木の最も太い部分を使って作りました。ご覧のようにくたびれた姿になってしまいました。

僕の技術が未熟なばかりに、斧の直撃を受けまくってきました。その結果、外径も2/3程度に小さくなり、しかも元の丸い形は消えうせてしまいました。

今回新しく薪割り台担当になったのは右の写真のクス兵衛。前回の教訓を活かし、とにかく硬い材質であることを優先し、クスの木を母材としました。また、振り下ろした時の力が加わりやすいよう、高さも若干高くしてみました。

使用感は・・・イイ感じです

20070225-5.jpg斧のヘッドスピードをしっかりと受け止めてくれるためか、玉切り材がスパスパと割れていきます。同時に腰への負担が減り1回で割る量も倍増しました。(腕の上達も含む?)
この写真の玉切り材は直径30cm程度のものですが、クサビなしでも割ることが出来ます。これまでは難しかった「ケーキ抜き」もウマい事いくようになりました。

それもこれもイチ兵衛のお陰。ありがとう!


※現在の悩み:
 イチ兵衛を割って薪にする事が考えられません。このままだと
 毎年使用済み薪割り台が増えていく事に・・・どうしよ。


ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作りきりたんぽ鍋

20070225-2.jpg

先週末の出来事ですが・・・時差付ブログと言う事で勘弁。

土曜日に何気にテレビを見ていたら、べっ○ーやザ・タッ○がきりたんぽ鍋を手作り。きりたんぽ鍋とは話には聞いていましたが、この時初めて「ご飯」でつくった団子だと言うことが判明。

 「家で作れるじゃん!」

早速日曜日の夕食でトライしてみました。


「きりたんぽ鍋の作り方」

1.材料
1)ご飯:3合程度
2)せり:2把
3)白ねぎ:2本程度
4)ごぼう:2本程度
5)糸コン:適当
6)鶏肉:適当
7)白菜:適当

2.作り方
1)きりたんぽの作り方20070225-1.jpg
炊立てのご飯をすり鉢にいれ、もちもちにします。娘達担当。
次にこのモチモチご飯を割り箸の周りにくっつけます。イメージは焼き鳥屋のつくね。(丸くないヤツ)
これもやはり娘達担当。テーブルの周りは飯粒だらけで、すごい事になりましたが、それはあきらめて任せます。

出来上がったきりたんぽを焼く必要があるのですが、テレビでは囲炉裏を使っていました。ウチの場合・・・薪ストーブ!上の写真のように、焼き網の上にきりたんぽをならべ、熾き火の中に突っ込みます。そのままじゃ熱いので、手袋は必須。


2)鍋の作り方
かつおと昆布でとったダシに醤油、酒、みりん、塩などを加えて醤油ベースで味付け。

これに具を全て投入し、しばらく煮立てます。沸騰したところで先ほどのきりたんぽを載せ、ふたをした上でさらに5分ほど辛抱すると完成。

きりたんぽを作る所だけが手間ですが、こいつがダシを吸ってなかなかの美味でした。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

初めての花壇作り

これまでは実用第一主義であった我が家のDIYもいよいよ芸術モードに突入。収納のための棚でもなく、キッチンカウンターでもなく、炉台でもなく、実利の発生しないもの。
それは・・・

 「花壇!」

ようやく外構にまで手が回るようになってきました。
うれしい・・・。

そんな僕らの前に立ちはだかるのが、うちの石だらけの庭。
また再びコイツと格闘です。

20070222-1.jpg20070222-2.jpg
1)デザイン
花壇のデザインは円弧。完全な半円ではなく、大きな円の端っこを切り取ったイメージで地面に線をひきました。

2)穴掘り
そこをひたすら「掘るべし!掘るべし・・・」
ここで活躍するのはツルハシ。スコップなんかじゃまったくはがたちません。深さ50cmほど掘り下げたら、土をふるいにかけて大きな石を取り除いてやります。

3)土づくり
なにごとも基礎が大事。とにかく排水性がよく、ふかふかで、栄養たっぷりの土を目指します。どんな土が良いかといった知識は皆無なので、ホームセンターで目に付いたものを片っ端からぶち込みました。(例:腐葉土、鹿沼土、牛糞、油粕少々、ガーデニングのあまり土、チェーンソーの木屑等)

また、排水性を確保するために、一番下に石ころを敷き詰めておきました。

この土作りの良し悪しは春先に判明する事でしょう。
大失敗だったりして。


20070222-3.jpg20070222-4.jpg

4)レンガのためのベース作り
花壇の渕をレンガで飾るため、土をつき固めます。
タンパー代わりに材木で突き固め、そこに石をまいてさらにつき固めます。その上に砂をかぶせてレベルだし。

5)レンガ積み
ここに薪ストーブ用の炉台とおそろいのベルギーレンガを積んでいきます。(このレンガ、安くてお勧め。)積み作業はなれたもので、1段あたり40個、全部で120個のレンガも5時間弱で完了。

家族のDIYスキル向上がうかがい知れます。

今週末あたりに植え付けです。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 08:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

10年ぶりの押しがけ。

最近の小春日和に誘われて、長女とのバイクでのお出かけを画策しました。ところが二人で抜け駆けしようとした事に天罰が下ったのか、エンジンがかからず・・・。そのうちバッテリーも上がりセルも回らなくなりました。

仕方なく、10年以上もやっていない押しがけをやる羽目になりました。家の前のゆるい下り坂を利用して、ひたすらダッシュ。何本目かのダッシュから、気が付くと周りに近所のお坊ちゃまとお嬢様たちが。

こっちが汗流しながらダッシュをはじめると、自転車で同時にスタート。クラッチリリースと共にこちらが減速すると、お坊ちゃま達は笑顔で勝利宣言。

 「誰も競争しとらんってば#」

そんな心の叫びが届くはずもなく、体力の尽きた僕は敗北宣言を行い、近所のガソリンスタンドを目指しました。

はじめからこうすりゃ良かった・・・。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 00:32| Comment(6) | TrackBack(0) | MOTER CYCLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別な薪集め。

20070210-1.jpg

特上の伐木を入手しました。
一番太いものは胴径35cmになろうかという大物です。
樹皮はとても細かく、これまでに入手したクスノキ、イチョウ、桜とは印象がかなり異なります。材質的にもとても硬く、その結果として腰を言わしそうなほど重い。

落葉広葉樹系のいわゆる「堅木」の分類になりそうです。
見た目にあまり節・曲がりもなく、筋が通っているため割るのが楽しみです。
この木が何者かご存知の方、ぜひ教えてください。

・・・


今回の伐木が特別なのはその質の高さ?だけではなく、入手経路にも理由があります。これまでの薪は仕事関係の方から頂いたものでしたが、今回の伐木はブログ関係者、しかもログ仲間からの贈り物です。

ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
続きを読む
posted by べき at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

雪の富士山

20070203-1.jpg

この写真は先週遊びに行ったスケート場でとったもの。
富士山のそば(というかほとんど富士山)でスケート&雪遊びしてきました。

最近、娘達がマオちゃんとやらの影響でスケートに興味津々。
「スケートに行きたい!!」
コール連発でした。

ここ4ヶ月位はDIYばっかりだったので、久しぶりのお出かけ。
体を動かす事はやっぱり楽しいものです。

それにしても子供には改めて驚かされます。
スケートなんてやった事ないはずなのに、リンクにおりた瞬間から歩き始め、10分もしないうちに滑走可能な状態に・・・信じられん!

その横で転ぶ親父。
昔はちゃんと滑れたんだけどなぁ〜。

それでも30分位で何とか思った場所には滑っていける程度には復活しました。次はスキーで勝負!!


ブログランキングに参加中です。←よろしければ、ポチッと。
posted by べき at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。